<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イベントレポート2009.10.23-24 Jeanne+mamoru workshop and event

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
イベントレポート2009.10.23-24 Jeanne+mamoru workshop and event
( report from mamoru)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(For English, please readers scroll down)

先日iftにて行ったワークショップの模様をレポートします。
今回のプレゼンテーター/アーティストのJeanne Landry-Belleu(以下ジャン)さんのリサーチテーマはWeb、そして特に「アイコン」。ワークショップではアイコンの持つ意味、可能性を紹介してもらい、さらに皆で新しいアイコンを作りしました

初日は19時スタートということもありすこしばかりですが食べ物と飲み物を用意させてもらいました。近所のお寿司屋さんの太巻きなかなかおいしかったです。ちなみに2日目は15時スタートということでおやつが用意されました。ジャンが作ってくれた抹茶ティラミス。手に入る食材で作ったのですが、なかなかの味でした。

話しを聞いて思ったのは、こんな世界観だ。“もし身の回りのイメージが現実世界(人間性、世界の様相)を反映しているのなら、イメージを読み解く事で世界が見えてくる。また逆に、新しいイメージを作り出す時にそれは現実世界に投げかけられ、新しい世界のあり方を作り出していく。”彼女が特に関心を持っているインターネットが生み出しているカルチャー、そしてその中で日々増殖し、中には言語化されていく「アイコン」。ワークショップでは参加者それぞれが選んだ「言葉/意味」をもとに新しいアイコンを作りました。年内にジャンがそれらをネット上に公開し、フリーダウンロード可能にするそうです。いったいこれらのアイコンはネット上に何かを作り出すのでしょうか?楽しみです。またアップされたらお知らせします。

ちなみに、ワークショップを進める上で大事な部分ではあったのですが、テーマの説明/翻訳が難しかったです。通訳として伝えきれなかったという反省があったので、いまさらですが私が理解した範囲ですが、彼女の考え方をまとめて書いてみましたので、ワークショップに参加したけどいまいちポイントが掴めなかった、参加していないけど興味のある方、少しでも参考になればと思います。mixi をされてる方は、こちらから http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=47522070&comm_id=4518275)。又、ブログでもアップしたいと思います。

皆でアイコンを作っている時に、mamoruによる etude no.12 ノリの佃煮を皆で食べるヴァリエーションも進行。画像の様な感じでノリの佃煮と他数種類の調味料などをえびせんに塗って皆でたべるのです。なかなか好評。空っぽになったノリの佃煮の瓶からetude no.12が出来上がる過程を見せるパフォーマンスの後、皆さんに音を聴いて頂き終了。

参加者:二日間で合計13人の方々が参加して下さいました。お越し下さった皆さん本当にありがとうございます。
参加費:2千円(飲み物、食べ物つき)
簡単に会計報告:おおまかには売り上げの30%をiftの運営資金に、10%を経費(飲み物、食べ物等)、それぞれ30%をアーティスト両名に。経費の不足分が少しありましたがift、アーティスト分から出し合いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
English
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
On 2009.10.23-24 @ ift presented a workshop with two artist; Jeann Landry-Belleu and Mamoru Okuno.

Jeanne works on the issues related to Web culture and especially the icons. She introduced her ideas about the Web and her current research that is to create new icons, and at the end all of the participants tried to make their own icons.

Sound artist Mamoru introduced one of his “etude for everyday objects and practices”The “etude no.12 variation for eating Nori paste together” involves people eating Nori paste on a Japanese cracker with other seasoning as snack. During the workshop, Mamoru made these snacks for participants to enjoy eating. At the end, he showed the process of empty glass bottle of Nori paste becoming “etude no.12”, a sound object. People passed the object that was put on a small light box one by one to listen to the sound.

There were 13 participants and each payed 2000yen as a fee.
30% goes to ift (mainly to pay rent and other running cost)
30% x 2 goes to two artist
10% goes to pay expenses (food and drink)
note: The expenses went over 10% of the sales, so ift and artist split the cost.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0157571_21173473.jpg
b0157571_21174840.jpg

Jeanneさんによるアイコン説明
b0157571_2118623.jpg

15世紀のイタリア人美学者チェザレ・リパ(http://en.wikipedia.org/wiki/Cesare_Ripa)の著作に端を発する「イコノロジー(図象学)」より
b0157571_21181663.jpg
レッツ スタート アイコン作成!
b0157571_21182876.jpg
お題「人間/自分にとって価値ある/大切な事わ?」から出て来た、さまざまなアイコン。
b0157571_21184826.jpg
それぞれのアイコンから受ける意味や言葉を話合う。
b0157571_21312145.jpg
佃煮入りたこせん。
b0157571_21191475.jpg
Jeanneさんのお手製抹茶ティラミス
b0157571_21192261.jpg
etude no.12より
b0157571_21193066.jpg

[PR]
by iftift | 2009-10-29 21:19 | イベント・gathering

改装ブログからイベントブログへ

改装もほぼ終わり、改装ブログもゆっくりになってきました。
そろそろイベントブログをたちあげようか??という話になってきています。
また、イベントブログを立ち上げ次第、ご連絡します。
とりあえず、mixiのコミュにティーの方に、イベント等の案内をしています。
mixiのコミュ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=4518275)
mixiのメンバーの方、よかったらチェックしてください。

今更ながらなんですが(汗)、
明日土曜のワークショップイベントの案内をしておきます。aki

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
sound artist mamoru+web artist Jeanne
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
日時:2days
10月23日(金)19時-終了
10月24日(土)15時-
参加費2000円(予約者には、飲み物と下記おつまみ人数分あり!)
参加定員 各日10名程度(15名MAX)
場所:ift
大阪市北区中津3丁目21-15

注意事項:
<携帯電話、たばこ>
iftではご近所との関係を大切にしています。周りのご迷惑にならないように通りでの長電話、
喫煙はご遠慮下さい。 庭があるのでそちらでどうぞ。
<駐輪・駐車>自転車は長屋の前に駐輪されますと通行の邪魔になりますので別の場所にお願いします。
車でお越しの際はiftの通りのすぐ近くに安い駐車場があります。そちらをご利用下さい。
(1時間100円、最大600円)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
下記は、sound artist mamoruからのレターです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
「etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション再演します!」
"etude no.12 variation for the evening with Jeanne"

日常品、日常行為をサウンドアート化していくetudeシリーズより、京都でのワークショップでも好評だった「etude no.12 ノリの佃煮を食べるヴァリエーション」」をアレンジした上で再演?します。

のり再演、と言っても何かを演奏したりするわけではなく、タイトルの通り、主には「ノリの佃煮を食べる」ので、果たして「音作品」という範疇に収まっているのか。あまり書きすぎても当日の楽しみがなくなってしまいますが、このヴァリエーションでは「食べる」行為が知らない間に創作行為に転換され、集った人達で飲み食いするうちに作品は完成に向かっていきます。
b0157571_23305468.jpg

(※あまりノリの佃煮食べ慣れていない人達もご安心下さい。やや大阪風!?つまみ的な味わいに変身しますので。)

しかも、今回はカナダからWebアーティストのJeanne Landry-Belleauさんhttp://jeannelb.wordpress.com/を迎え、現在彼女が取り組んでいるプロジェクト"Chrysalide Humaine" http://www.chambreblanche.qc.ca/documents/chrysalide/(作品リンク/マウスを動かして、クリックしてみて下さい) を中心に他の作品なども紹介してもらい、集った皆さんで、彼女のプロジェクトにも参加したいと思います。

イベント全体の流れは、Jeanneさんと彼女の作品を紹介してもらいつつ、参加しつつ、いつの間にかetude no.12も完成していくというワークショップの様な会です。

b0157571_2331285.jpg
Jeanneさんの作品は、webというまだまだ「新らしい」と言える世界で「人間にとって何が価値あることなのか」という「古い」テーマを取り扱っていて、同じアーティストとして問題意識を共有出来る部分があり、また今回の会場となる中津改装長屋iftには中心メンバーの一人として関わっているのですが、iftでは価値創造実験をテーマとしているので、Jeanneの作品、手前味噌ですがetude作品も是非とりあげたいと思っていたのです。

今回のコラボレーションが実現したのは、Jeanneさんが韓国のハスラアートワールドでの滞在制作と作品発表を行った帰りに、自身が理事の1人でもある La Chambre Blancheという(僕が2008年にカナダ/ケベックへ滞在制作で招かれた)アートセンターの日本での提携先との交渉などのため来日が決ったためで、出先で生まれた出会いがこういう企画に発展して行くのはとても嬉しい事です。
[PR]
by iftift | 2009-10-23 23:27 | 雑感/ura/aki

色々とはげまされます

土曜日、勢いあまって、2階の窓を開けた瞬間、
ガーーーッシャーーン☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
が〜〜〜ン(TT)
そうです、やってしまいました。
ガラスを割ってしまいました。。。
かなりショック。(↓↓↓)
割れたガラスの残りを、テープで繋ごうとしたら、修復不可能、おまけに、
ガラスで指を切って、更におちこむ。少し切っただけですけどね。
念願の窓枠窓ガラスで、
一時は、私が作るしかないかぁ〜と、作った事のない窓枠のミニ版サンプルを作ったら、
やっぱり、非常に難しそう&一人で出来ない事発覚。できるんかなぁ〜。。。と不安。
そんな中での、inoさん登場。ほんとうに、窓枠作ってもらっていいですか???の窓枠で、
それもいいもの作って貰ったのに〜〜。

修復不可能なので、ガックリあきらめ、、、ガラスそうじ。
ついでに、他のガラスの割れた分も、まとめ、ゴミそうじ。

inoさんに、ガラス割ってしまいました〜と、すいませんの報告したら、
又、時間ができた時にでもやってくれるとの事。
よ  よかった〜〜〜(↑↑↑)ありがとうございます!(涙)

日曜日は、画材道具を運び込み、
月曜日、土曜日にまとめたゴミを出す為、朝9時着。
長家への通り道に引っ越してきた友人が、すでに起きて作業中。
はやー!
窓が開いてたので、「おはよー」と声をかけたら、
顔を出してくれて、「おはよー」。
彼女は、とてもオシャレでしっかりした縫製の帽子やインテリアを作っている。
がんばってるので、励まされた。

昨日行った、うどん屋さんの話もよかった。
うどん屋の名前は”一忠”。
八尾にある。
それも、八尾の中でも分かりにくいへんぴな場所にある。
産まれてずっと八尾の私ですら、ココどこ??という感じ。
そこに、友達が連れていってくれた。
こんな場所なのに、うどん屋には、人が並んでいる。
朝10時から3時までしか開いてなく、うどんが切れたら、それで閉めてしまう。
メニューは、釜揚げうどんのみ。夏場はそれにざるうどんがあるだけ。きつねやらカレーなどない。
入れ放題の、ネギ、天かす、ごま、かぼす、七味と、食べ放題の、鰹煮と佃煮昆布が、
テーブルに置いてある。
へんぴな場所に、釜揚げうどんのみ???
しかし、トッピング系は入れ放題と食べ放題。
時間も時間で、なんだかその潔さがとても気に入ってしまった。
そして、おいしい。こしがある。何故だか、今日も食べたくなった。シンプルな味だからか???
鰹だしが効いたうどんつけ汁は、陶器の壷に入ってくる。
うどんの器も、つけ汁用器も陶器。
でも、店の雰囲気は、誰でも入れる大衆派。

店の閉まった3時以降は、明日の為にうどんを打ってるんやろうか???と気になり、
常連客の友達が、おかみさんに聞いてくれた。
「店が閉まったら、そうじして、お風呂に入ったりで、
8時頃に寝て、普段は4時か5時に起きて、
土日祝前だったら、2時に起きて、うどんを踏んでる。
何がおもしろいんかな〜?って思う事もあるで」と
気さくに笑いながら話してくれた。
ええ〜〜〜!!!!2時ーー!!こちらは、床に入る時間ですけど。。。と思いながら、
毎日、藁に包まれたうどん生地を、世が明ける前から踏んでる所を想像すると、
すごいかっこいいなぁー!!!と思った。
そんな仕事をしてるとは、思わせない旦那さんの顔が又いい。

そこで、働いた人達が、そこで学んで、のれんわけし、
大阪に数件、北海道、四国にあるが、
その人達独自の店の展開をしている。
のれんわけしたからといって、”一忠”のやり方だけを押し付けない所が、
また、いい。
旦那さんと奥さんの名前からとって”一忠”。
まるでうどん屋の回し者か?というブログになってしまったが、
創業36年、へんぴな場所にこれほど人を呼ぶ事ができる、
釜揚げうどんのみのうどん屋”一忠”、その魅力、
いや〜、ほんとカッコいいなと思って、ついついうどん屋ブログになってしまいました。

でも、どこかiftに通ずる部分がある感じがする。。。


b0157571_22594018.jpg

和紙に引いたドーサ(にじみ止め)が乾くのを待つ合間に、
ガラスの壁の木にオイルステンを塗っている。
まだ、まだ、ちょこちょこやる事はあるのです。
b0157571_22595260.jpg

ほらほら、オイルステンが塗れて、いいかんじ。
でも、反対側は、オイルステンがなくなったので、
また、次回へ。
[PR]
by iftift | 2009-10-05 23:10 | 雑感/ura/aki