<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一休みして二条城と京都国立美術館へ

に行ってきました。
最初は椿昇氏「GOLD WHITE BLACK」だけを
見に行こうと思っていたのですが、
「松林図屏風/萩こうすけ」を読み終わり、
無償に日本画が見たくなり、先に二条城へ。

二条城は、初めて行ったのですが、
まず大きさに驚きました。で、でかい。。。
すごいものに出会うと、ついつい笑ってしまうのですが、
柱も屋根も屋根を飾る彫刻も壮大豪華で、笑ってしまいました。
部屋数33、畳は800畳、聞いただけで「なんじゃそりゃ?」
って、笑ってしまいませんか?私だけか。。。

そこに、天井画や襖絵がびっしり、35cmの厚みもある一枚木を
裏表透かし彫刻し、花びら一枚一枚、孔雀の羽一枚一枚、
立体で細かい細工をして彫ってある。

柱のジョイント部分には、繋ぎ目を隠すように、
鉄らしいものに(金をはり?)彫刻したものを、
装飾として取り付けられている。

西洋の工芸と似た所もあって、
どこが似てて違うんだろう?といつも思う。

襖絵は、ほとんどが金箔で、大木の松、鷲、トラ、孔雀が画かれている。
狩野派がほとんど手掛けたようです。
襖絵に松が多いのは、常緑樹で枯れないという理由から好まれた。
将軍家安泰であれー!ってところでしょうか。

今は、時と共に色あせて(この色あせ感が私は好きです)ますが、
金をはった当初は、かなりキラキラしてたのでわないか?と思います。

光が差し込み、部屋は金で輝く。
金雲から雄大な松が現れる。
そんな中で、詩が読まれ、良い音が奏でられ、舞踊が行わる。
時には、風が花の香りを運んでくるかもしれない。

想像しただけで、この世のものとは思えない世界に入り、
あーずっと、そこにいたいと思ってしまいます。

そこで、音や舞踊があったかどうかわ???ですが、
そんな世界があったかもしれませんね。

外の梅並木を歩けば、かすかに甘い香りが漂っている。
両手で包み込めるほどの抹茶色のうぐいすが
梅にとまってせわしなく動いている。
うぐいすのおしりが白くてふわふわしていてかわいい。

今よりも道具や運搬するものもずっと不便であったと思われるのに、
なぜこんな仕事ができるんだろう。。。?っていつも不思議に思う。
そして、こんなすごい仕事をしてきた人達がいた事に励まされます。
私もこれから産まれてくる人達に
何かを残す事ができるだろうか。。。


二条城を後にして、京都国立美術館へ。
(次回へつづく。。。かな?)
[PR]
by iftift | 2009-02-28 23:29 | 雑感/ura/aki

やはり。。。

先週、私は大学の為、改装お休みでした。
煎茶を学んだのですが、みなさんは、煎茶ってご存知ですか?
私は、はじめて煎茶を飲みましたが、驚きの味でした!
小さい急須から、数滴、雫のように落ちてくるお茶を、
これまた小さな茶碗にうけ、小さじ一杯あるかないかの量を飲むのです。
凝縮されたお茶の味は、あまい!
お茶とは思えない程の、甘さと深さを舌の上で、じんわり味わう感じです。
煎茶にまつわる話もとても興味深いもので、
また、機会があればブログにアップします。

先々週の土曜日は、私一人で、こ、こどく〜。。。だったのですが、
月曜日は、NY滞在中からの友達で、
フォトグラファーの竜也くん、出版/企画のタダさんが来てくれました。
二人が天井や柱をワトコオイルで磨いてくれました。
木に少し深みがでてきました。
上向き作業だったので、結構大変だったと思います。。。
ありがとうございました!
人が来てくれるありがたさを痛感する月曜日でした。


b0157571_0274158.jpg

[PR]
by iftift | 2009-02-24 00:28 | 改装の記録・renovation

ごぶさたしています。庭?作ってみました。

iftブログ読者の皆様、ごぶさたです。

オーストリアにてアーティスト因レジデンス中のmamoruより
ift魂通信第二段です。といっても今回は相当に小規模ですが。。。

b0157571_2549100.jpg



修道院にサイクリングに行った際に、階段にあった美しいコケをひっぺがしてきて、ドナウ川の近くでひろった小石で土台を作ってみずはけをよくしてあります。
あまりにいいコケだったんで、ほしくなってしまって。。。
誰も見ていなかったので余計に??なんだか悪いことしてる気分でした。ははは。

b0157571_257820.jpg


そんなことよりも、こちらでは本業のサウンドアートももちろんやっております。
14,5才の高校生(オーストリアは小4,中4,高4年システム)にサウンドアートのワークショップしていて、彼らは特別な音楽プログラムに属する生徒たちなんですが、サウンドアートとかとなると、初めて接するので やるほうとしてはなかなかに工夫が必要です。言葉もお互いに英語でやりとりするので、細かいこと以外は英語がほぼ通じるし、大丈夫なんですが 教えたり、アートのことってとても言葉が厳密になってきたりもするので。

合計三回のクラスなのですが、一回目が終わって、いったい最終的にこのワークショップでどういうことを目的にすればいいのかな、と、私が一番に悩んでいたときに気づいたことがあるんです。

それは一言で言うと、「GIFT」する気持ちが新しいアイデアを生み出すことがある、ってことです。

「ワークショップの最終目標」を設定しようとひた思いにふけっていたのですが、ぜんぜん納得のいくいいアイデアが浮かばない。生徒たちの能力や自分のアートの可能範囲、その辺をあれこれいじり倒して考えていたのですがあまり事がすすみませんでした。

何度か、一人一人の名前をつぶやきつつ、彼らが書いたメモを読みつつ、クラスで画像を撮らせてもらったのでモニターにうつる彼らの顔を眺めつつ。。。
b0157571_3343179.jpg


「クラスではそっけない感じだったけど、面白いこと書いてるなー」とか「へーそんなことに興味があるんかー」、とか思いながら、

言葉でうまく違いを説明できませんが、ワークショップの最終目標、とか、何かをしようという漠然としたフォーカスから、もう少し具体的に「この子達」に何がしてあげられるだろう。と考えたときに これまでに頭をよぎってはいたものの散在していたアイデアがひとつの方向で組み立てられていったのです。

お、それいいやん。と思えるアイデアが。その辺りの内容の詳細はmamoruブログで。来週水曜日が最後なので。お楽しみと言うことで。笑。 

GIFT する。
漠然とはできない、
誰かを思ってする行為だから?
アート も同じ?
漠然と作り出せないのかもしれない、
そういう種類のものもあるということか、

そういえば、本の初めのほうによく
「I dedicate this book to ....」
「誰々に捧ぐ」
とか書いてある

そういうことなのかな?

どうでしょう。
中津長屋はどういうGIFT の IFT を考えていくのでしょう?
[PR]
by iftift | 2009-02-19 03:41 | 雑感/mamoru

あったかくなってきたぁ。

ちょっと暖かくなってきて作業しやすくなってきました。
春が近づいてきたようで、ちょっとうれしくなる時もある最近です。

お隣さんに、みかんをもらいましたぁ〜。
これ食べてがんばりましたよ〜。
b0157571_2113058.jpg


土曜日、サンドペーパーをパテ部分にあててきました。
これまた、時間がかかります。。。でも、以外と好きかもこの作業。
二の腕筋大活躍です。
しかし、何故か、現在横腹が筋肉痛。。。

ペーパー後、壁
b0157571_21133733.jpg


ペーパーかけながら、
「粉飛んでるなぁ〜」とは思っていたのですが、
頭を何も覆わずにやり終えて、
髪に指を通そうとしたら、
『げっ!げっ!え!通らない〜。』
髪が団子状態のように。。。涙。
次回は、帽子かぶろうと思います。

b0157571_21131597.jpg

金曜日に、KうGさんが玄関入ってすぐの所に壁を作ってくれました。


レジデンスでオーストリアに滞在中のmamoru
(ブログ http://blog.livedoor.jp/soundartist77/)くんと、
同じくレジデンスでNYに滞在中のFumieちゃん
(ブログ http://fumieinny2008.blogspot.com/)と
金曜日に、スカイプで読書会をしました。
便利になりましたよ。スカイプで海外にいる人達と無料で話せるんですから。
時折、混雑してるせいか切れちゃったりするのが難点ですが。

読書会は、去年の2月に「やろ〜!!!」という事になって、
月1〜2回で進めてきました。もうすぐ一冊の本が終わろうとしています。
読書会は、一冊の本をとりあげて、今度の読書会は、この章をすると決めて、
それぞれ読んでおいて、その章を読んで、感じた事や、思った事、
分からなかった点など、話します。
これが、以外と面白いのです。
それぞれ違った目線や、読み方、考え方などに触れて、
新しく見えてくるものがあります。
解からなかった所が見えてきたり。
本から派生して広い範囲まで話したりと。
時折、馬が「ば ふ〜〜」っていったんちゃうか?ってな
変な音が聞こえて大笑いとかもあります。

私とか、話し合ってて、その時は「そうそう」とか思っても、
口頭というのもあって結構忘れるのですが、
以外と意識の底の方に残っていて、
影響されている事を感じます。

iftで読書会もおもしろいかなぁと思いつつ、
さてさて、箱ができたら何が始まるのか期待しつつ、
月曜日も改装やってきまーす。
[PR]
by iftift | 2009-02-15 21:28 | 改装の記録・renovation

パテ2回目

なんとか、期日までに、学校の課題(前回ブログで書いた分)は提出しました。
3日に、二つ絵を出す予定だったのですが、間に合わず(汗)、
結局タイムリミットギリギリの7日土曜の0時に出す羽目に。。。
ぐったりです。
いい加減、夏休み最後の宿題的なやり方から脱出したいものです。
もっと余裕を持ってやれるように変わるぞ~!。

という事で、土曜日に改装に行くはずが行けず、
月曜日に一人、パテ2回目塗ってきました~。
早く終わるかなぁ~とか思ってたのは、
甘かった。。。
一階の壁パテ全て塗り終わるのに5時間もかかりましたぁ~。

土曜日の課題の後遺症もあって、長屋到着した時は、
「あれも、これも、あそこも、まだまだやることある~~~」と、
一瞬ヨロけてしまいました。
が、一人じゃないことを思い出し、
「そうだそうだ」と一人納得。

パテを塗り始めると、エンジンが入って体も頭も動き始める。
というか、目の前のパテしか頭にない。
他の未完成の場所とか忘れてしまう。

どうすればパテが上手く塗れるのか?
パテってどんなやつなんだろう?
何度も塗り重ねた方がいいのか?
水分がある時と乾燥した時どんな風に違うのか?
力のいれ具合 弱めたり強めたり、削りすぎたり。。。
接続部分の石膏ボードの高さが違う時
出来上がる壁を考えて造った方がいいのかなぁ?。。。
段差がでないようにしてみたり。。。
エトセトラ・エトセトラ・エトセトラ

考えたり パテを感じたり。。。

パテ一つ塗る行動の中で、色々な声が起こる。
ものには性格?性質がある事を、
私たちは知らず知らずに感じてるんだろうなぁと気づく。
それらは、通り過ぎてしまうような、つまらないと思うような、
小さな声だけど。

そんな小さな声を見つけれる事が楽しいのかもしれない。


日曜日に、みんなで二重飛び(縄跳び)をした。
まだ飛べた。
おかげで、
体がギシギシしてる。。。

今週は、玄関ドアを塗るぞ~。。。たぶん。
その時には、筋肉痛も後遺症もとれてるに違いない。
また飛べる。

b0157571_2154173.jpg

photo : noet(Tatsuya Naoe) , Stairs, New York, 2002
http://www.noet.to/
[PR]
by iftift | 2009-02-10 13:03 | 改装の記録・renovation