カテゴリ:雑感/mamoru( 12 )

プチリフティング。

今月はura/akiの担当企画「リフティング」は2月はお休みですが、
リフティング精神にのっとって、「自分ではない何か」をお勧めしたいと思って、2つほどプチリフティングという事で、このブログを通じて宣伝?と言っても頼まれた訳でもなんでもありませんが、ご紹介したいと思いますー!

1。2月27日/奈良・学園前/sonihouse
iftの常連さんでもある万平&アンナ夫妻によって運営されている(と言っても彼らの自宅ですが!)sonihouseは、万平くんが手塩にかけ、かなりの度合い自作して、かなり最高レベルのオーディオ設備をリビングルームに完成させていて、そのシステムを使ったシャープネスのある音響的なコンサートと料理人を招いてのアフターディナーをセットにした「家宴」というイベントを不定期で行っておられます。
明日は私mamoruの友人Peter Kutinがウィーンより来日ツアー中でして、彼の緻密な音響は万平くんのシステムと相性抜群のはずです、どうぞお時間あれば問い合わせて下さい!
http://www.sonihouse.net/menu/
もっと早く宣伝出来ればよかったのですが、本当に時間がありませんでした!ごめんなさい!すでに前日なので料理の方はもう間に合わないかもしれませんが。。。音楽の部だけの参加も受け付けている様ですので、どうぞ問い合わせて下さい!私も過去に二度程出演させてもらっていますが、やる方もすごく気持ちよく出来て、お客さん達とも食事の時にいろいろ話せてとってもおススメのイベントです。

2。これは全く繋がりなどないのですが、九条にあるシネ・ヌーヴォさん(映画館)にて「生誕100年記念 マザー・テレサ映画祭」なるものがはじまるそうです。マザーの事はあまりに有名すぎて説明はいらないと思いますが、個人的には大尊敬する人物の一人であり、むかーしむかしNYに住んでいた時にマザーのドキュメンタリー映画で音楽を担当した事とかがあったりで、思い入れがちょっとあるのです。
映画祭の期間は、2/27(土)~4/2(金)だそうで、「マザー・テレサの生誕100周年を記念して、初公開作品を含む貴重なドキュメンタリー7本を"世界初"の一挙上映。最新作『マザー・テレサと生きる』や、名作・新作を交え、それぞれの視点からマザー・テレサの愛に満ちた活動の軌跡を見つめる。」とあります。
詳細はこちらから!
http://www.cinenouveau.com/cinemalib2010/teresa/teresa.html
[PR]
by iftift | 2010-02-26 21:41 | 雑感/mamoru

メリークリスマス。なレポート。

先日のLiftINGにて「iftでは暖房器具がなくて困ってる」って話をしたら、これまでちょくちょく来てくれているymdさんが「うちにありますよ!」と申し出てくれて、この前わざわざ運んできてくれました。しかもその日は誰も受け取れなくて、玄関の前にゴミ袋に包んで置いておいてもらったのです。(長屋の界隈はものすごく治安が良いんです!)

そう、そして今日はクリスマス。まるでもみの木のたもと!?に置いてもらったプレゼントをゲットしにいくかの様に(クリスマスにそんな風習があった気がします)今日、長屋に行きました。

そして。。。

b0157571_1564599.jpg


ありがとう。ツリーも点灯して長屋もメリークリスマスです。
ストーブも赤色でなんだかぴったり。皆さんも暖かい年末を過ごされます様にー!

もしかしたらこれが年内最後の書き込みだったりするかもしれないので、ご挨拶。

今年は本当にお世話になりました!皆のおかげでようやく(ほぼ・・・笑)できあがったift、来年もどうぞよろしくお願いします!良いお年を!
[PR]
by iftift | 2009-12-26 02:03 | 雑感/mamoru

ごぶさたです。

(mixiのコミュ上の「ひとこと」にて同文掲載してます。)

今日は久々に長屋に午後から長い時間いました。改装時から関わってくれているフォト竜くんがきてくれました。いろいろ近況なんかを話したり。ちゃんと画像撮ればよかった。

冬になり、長屋は少し寒いですがそれでも思った程ではありません。
とは言うものの、どこからか冷え冷えとした空気が漂ってくるのも事実。
ちかぢかすきま風とつちほこりの原因になっている天井付近の隙間をなんかしら埋める作業などをしようと思っています。

長屋の床にクッションをおいて座って、音楽をかけて、物思い。なかなか良いですよ。次の作品の構想をねったりしてました。しばらく大阪にいる予定なので毎週水曜をオープンラボという感じでみなさんにも来ていただけるようにしようかな、と考えています。また詳しくは案内しますね。

それと来週金曜夜(18日)にちょこっと会を催そうと思ってます。Arvo Partというエストニアの作曲家のちょいレアなDVDを皆でみたり、というような感じです。これも近々にアップします。
[PR]
by iftift | 2009-12-09 21:54 | 雑感/mamoru

ift魂・イン・オーストリア

オーストリアより久々のアップです。

アーティストインレジデンスに滞在していると、客人が時々あります。同じレジデンス内のアーティストが出入りしたりするので、仲良くなった人達が帰る前に個人的に部屋によんだり、ちょっと音をだしてみたり。

この前もリトアニア人のアーティストが帰国する前に、お茶(完全我流)を点てようと思ったのもあって、無性に花と緑を部屋におきたくなったので近所の花屋で物色。思っていた感じはなかったけど前に修道院からもってきたミニ苔庭のまわりにおいてみました。

b0157571_5544825.jpg


自分なりに瓶やら、コップやらあいそうなものを探してきて、緑をあっちむきにしたりこっちむきにしたり、短く切ってみたり、そして それはいわゆる「もてなす」ためなのですが、そこで自分自身も活き活きとしてくる、嬉々とした何かがこみあげてきます。創る喜びではなく、「誰かのため」に創る喜びなのでしょうか。

b0157571_6141454.jpg



これは4月に参加するIMAGO DEIというイースター(キリストの受難・復活に関連した祭り)の音楽フェスのテーマをリサーチしていた際にネットで見つけたミケランジェロのピエタ彫刻のプリントアウトに、文学センターで見つけたしおりをマリアが隠れる感じで貼り付けてみたコラージュです。はじめはただ壁にプリントアウトを貼っていたのですが、なぜか花を生けた流れでこうなりました。

b0157571_6173892.jpg


Giftすること、に少し関係しているかな、と思いアップします。
[PR]
by iftift | 2009-03-07 06:25 | 雑感/mamoru

ごぶさたしています。庭?作ってみました。

iftブログ読者の皆様、ごぶさたです。

オーストリアにてアーティスト因レジデンス中のmamoruより
ift魂通信第二段です。といっても今回は相当に小規模ですが。。。

b0157571_2549100.jpg



修道院にサイクリングに行った際に、階段にあった美しいコケをひっぺがしてきて、ドナウ川の近くでひろった小石で土台を作ってみずはけをよくしてあります。
あまりにいいコケだったんで、ほしくなってしまって。。。
誰も見ていなかったので余計に??なんだか悪いことしてる気分でした。ははは。

b0157571_257820.jpg


そんなことよりも、こちらでは本業のサウンドアートももちろんやっております。
14,5才の高校生(オーストリアは小4,中4,高4年システム)にサウンドアートのワークショップしていて、彼らは特別な音楽プログラムに属する生徒たちなんですが、サウンドアートとかとなると、初めて接するので やるほうとしてはなかなかに工夫が必要です。言葉もお互いに英語でやりとりするので、細かいこと以外は英語がほぼ通じるし、大丈夫なんですが 教えたり、アートのことってとても言葉が厳密になってきたりもするので。

合計三回のクラスなのですが、一回目が終わって、いったい最終的にこのワークショップでどういうことを目的にすればいいのかな、と、私が一番に悩んでいたときに気づいたことがあるんです。

それは一言で言うと、「GIFT」する気持ちが新しいアイデアを生み出すことがある、ってことです。

「ワークショップの最終目標」を設定しようとひた思いにふけっていたのですが、ぜんぜん納得のいくいいアイデアが浮かばない。生徒たちの能力や自分のアートの可能範囲、その辺をあれこれいじり倒して考えていたのですがあまり事がすすみませんでした。

何度か、一人一人の名前をつぶやきつつ、彼らが書いたメモを読みつつ、クラスで画像を撮らせてもらったのでモニターにうつる彼らの顔を眺めつつ。。。
b0157571_3343179.jpg


「クラスではそっけない感じだったけど、面白いこと書いてるなー」とか「へーそんなことに興味があるんかー」、とか思いながら、

言葉でうまく違いを説明できませんが、ワークショップの最終目標、とか、何かをしようという漠然としたフォーカスから、もう少し具体的に「この子達」に何がしてあげられるだろう。と考えたときに これまでに頭をよぎってはいたものの散在していたアイデアがひとつの方向で組み立てられていったのです。

お、それいいやん。と思えるアイデアが。その辺りの内容の詳細はmamoruブログで。来週水曜日が最後なので。お楽しみと言うことで。笑。 

GIFT する。
漠然とはできない、
誰かを思ってする行為だから?
アート も同じ?
漠然と作り出せないのかもしれない、
そういう種類のものもあるということか、

そういえば、本の初めのほうによく
「I dedicate this book to ....」
「誰々に捧ぐ」
とか書いてある

そういうことなのかな?

どうでしょう。
中津長屋はどういうGIFT の IFT を考えていくのでしょう?
[PR]
by iftift | 2009-02-19 03:41 | 雑感/mamoru

改装魂!in オーストリア。

iftブログにふさわしい内容だと思ったので投稿します。

実はいまオーストリアにきているのですが、3ヵ月半すむことになっている部屋の壁が前に使っていたアーティストの描いてた絵のふちからはみ出た緑色の絵の具で汚れているのです。

特に気にしていなかったんですが、やはり長期滞在ということもあり、あとついたばかりでほかにすることもないため 笑 ここは改装魂!とDIYに壁塗りをすることにしました。

ビフォアー
b0157571_2241525.jpg


これ画像で見ると小さく見えますが、床から天井にわたっておるわけです。そんな壁が二枚。仕事スペースに。

はい、アフター
b0157571_22423963.jpg



長屋のパテ塗りのあとは猛烈に腕が筋肉痛になりましたが。この程度はへっちゃらです。
中津ift魂!
[PR]
by iftift | 2009-01-26 22:47 | 雑感/mamoru

gift に ついて

先日カナダにて6週間のレジデンスを終え久々に長屋にてほんの少しだけど作業しました。息つく間もなく現在横浜にて大規模な野外作品のサウンドを制作しています。

カナダにいるときも、ここにいても割と自分の仕事とiftについてよく考えます。
そしてカナダではiftをたちあげ、長屋を改装するというリアルな体験から自分自身がどのくらい影響をうけているか実感する機会もありました。ので、ちょっと雑記。


b0157571_12114542.jpg


カナダでは家々を訪問しつつ、自分の作品を紹介することを通じて実際どこまで関係を築けるのかを実験するというようなプロセスがメインでした。その過程でハンガーとガラス瓶を借りてギャラリー空間で他の作品も混ぜつつインスタレーションを作る、というプロジェクト。(詳しくは僕のブログで。www.afewnotes.com のblogをクリックしてください。)

はじめから参加してくれた人たちにアーティスティックな「参加証明書」を渡したいな、とは思っていたのですが、なかなか最後までいいアイデアが浮かばずだったのですが。ハンガーを借りたのだからそれにちなんだものがいいかな、と単純に思ったときに上の画像にあるように(ちょっとわかりづらいですが)ミニハンガー制作を思いつきました。
期間中ハンガーと向き合っていたのでその単純な構造が頭に入っていたらしく、針金一本で簡単にできることはわかっていたのです。はじめはドローイング、と思っていましたが実際に針金で作って包もうとなったわけです。
なにがiftの影響かと言うと(笑)僕はサウンドアーティストなのでビジュアル的な制作はこれまであまり全面にだすようなことはしていませんでした、(だいたいのアートマーケットでは)作品を「売る」ためにはある程度作品をモノ化、ビジュアル化する必要があります。サウンド作品はまずそういうところではじかれてしまうのですが。
売るために。。。そういう入り口からいろいろ考えてもなかなか良い作品を思い付くことができないということが僕はよくあります。思い付いてもそれが良い作品かどうかを判断できない気がします「売れる」から良いアート?というか。
でも今回は参加してくれた人たちに何かgiftしたいという気持ちがあり、そこから最もよいと思えるアイデアが浮かんだという気がしています。そして例えそれがやったことにないことでも自然ととりくめる。さらにはこの入り口から入っていろいろと結果的に売るのが可能な作品、というのもポロポロところがり出てきます。

新しいアイデアがgiftするというチャンネルからあふれてくるのです。
そして自信が持てる。

なぜだろう?

長屋もそうです、もちろん経験はないし、方法もほとんどわからない、でも何か自分たちの問題意識から形にならないか、ということです。大げさに言えば誰にも頼まれていないけど、「社会」とか「世界」とかにgiftする意気込みなのです。お金もエネルギーも時間も費やして。

長屋の改装の経緯から、単純に勇気をもらいます、なんでもやれるかもしれない、と。
すくなくとも やろうとする ことはできる。

家をひとつ改装するというリアルな尺度を持つことができると、この社会の大きさとか複雑さ、いろんなことが実寸大で感じられるようになってきているような気がします。

長屋は、いろいろな方たちが様々な形で参加応援してくれています。中心のメンバーの他にもこのブログを読んでくれている人たちのおかげで、関心がある=何か意味のあることをしているかもしれないと思えるのです。

そうだ、皆さんも一度長屋にきませんか?手伝いに 笑
興味があったら声かけてください。本当に!!!
[PR]
by iftift | 2008-12-02 12:29 | 雑感/mamoru

仲間発見?

長屋改装やっとりますね!というかとうとう重機登場ですか〜。
トミー氏ドリル?ガガガガガってやってたんやろな、と思うと似合い過ぎ。

今日こちらで訪ねた家がリノベーションしまくりで、かなりかわいい家でした。
一部ブログにあげたので見てください〜
他の画像もあるのでまた時間見つけてこちらでもアップしてみます。

http://blog.livedoor.jp/soundartist77/

ではでは!

カナダより

m


[PR]
by iftift | 2008-10-02 11:52 | 雑感/mamoru

しばしの別れ。

久々に13日、14日、と土日両日作業した。

完全に裸にされた一階部分は爽快ですらある。
庭にこんもりつまれていた廃材はトラックの荷台にこんもりつみあげられて運ばれていきました。(KうGさんありがとう。)

体的にもけっこうしんどいはずなのに、
毎週末の作業を楽しみしているのはなぜだろうな〜?と思ったんですが、
きっと夢中になれるとか、人と何かを作っているのが楽しいんだな、と思います。

でも22日から6週間海外で仕事なので、しばしの別れ。
帰ってきたころに、もう床があり壁があり・・・だろうか!?
[PR]
by iftift | 2008-09-15 10:06 | 雑感/mamoru

花火。

b0157571_8135674.jpg


昨日は作業後に近くの、中津改築系大先輩ギャラリーの方々のパーティーに合流、淀川花火大会を雨降る中、通りの間から堪能しました。

案外いいもんですね花火。
何よりも傘を差しながら道につったって、いる人達と花火
というコンポジションがすごく面白かった。

中津商店街のアーケード越しに見る花火はまた趣がありました。
[PR]
by iftift | 2008-08-10 08:17 | 雑感/mamoru