カテゴリ:改装の記録・renovation( 57 )

ことしもはじまりました。

本日年明け一回目の改装作業をしました。

朝、10時過ぎについたのでお隣に件に粗品を持ってご挨拶に。
いつも頑張ってるね、と声をかけてくれる優しいお隣さん達。
できれば大きな音を出さずに作業したい。。。
あと少しですから!(希望)

さて今日はKぅGさんと二人です。

KぅGさんが新たな資材を調達してくれているあいだ、
ひたすら壁のビスもみ。ドリルでガンガン。
もむこと百本前後。。。ドリルの重みが。。。

KぅGさん到着で、トイレ周りの工事に取りかかりました。
壁が久しくなかったので誰も使えなかったトイレを、
使える様にするために壁、ドア、などを取付けます。

庭をあらためてゴミ、資材にわけました。
はじめについてた縁側や廊下!?などをとったため、
思っていたよりも広々の庭が出現。(画像またれよ)

二階へ必要な資材を移動。

明日トイレ周り、玄関がだいぶ形になる予定です。

また明日レポートします!画像も!!
[PR]
by iftift | 2009-01-08 18:42 | 改装の記録・renovation

ーiftイフトー2008年が終わり、2009年へ

2008年の最後の改装が終わりました。
(残りの楽しみは、来年へ。)
ブログ愛読者さま、助けてくれた方達、all my friends ありがとうございました!
そして、来年もよろしくおねがいしまーす。m(_ _)m

ポストカードも、ブログに載せて早々50枚も売れてうれしいかぎりです。
愛&資金協力ありがとうございます。
資金作りは、現在も進行中です。
売り上げ全てをiftの活動資金にあてさせて頂きます。
ポストカード活用しまーすという方あれば、ご連絡こちらまで
ura/aki(mail@a-ura.jp)、mamoru (afewnotes@hotmail.com)
http://iftift.exblog.jp/10075430/

27日の長屋は、
タダさん、かじちゃん、KうGさん、ura/aki、合計4人。
前日にKうGさんが造ってくれた玄関の扉をはめ込み、
玄関壁のモルタルの上に白のペンキも塗られ、
一気に長屋の顔が変化しました。

b0157571_1114412.jpg

「お〜きみ(扉)の登場を待ち望んでいたよ〜。」と待ちに待った扉まで来た感じです。
扉に色を入れると、又、違った印象になるでしょうね。。。





b0157571_1114197.jpg




やる所が沢山ある(足りないとか余白スペースがある)ってことは、想像が膨らむっていう事なんだなぁと長屋の中にいると増々そう感じます。それをどう絞るのか?もおもしろいところ???
長屋には、そんな足りないスペースがある方がよいのかも?と昨日からおもいつつあります。




「ジョンレノン「イマジン」のビデオクリップで、窓という窓が閉ざされた暗い部屋で、白いピアノに向かって歌うジョン。床に座っていたヨーコは立ち上がり窓を次々に開けていきます。こうして部屋は少しづつ明るくなっていきます。」
グレープフルーツ・ジュースより
「俺たちにはお金はないけど、イマジネーションは自由だ」
デトロイト・テクノ創始者の一人;デリック・メイ。
彼のテクノは、デトロイトという荒廃した工場地帯の中で生まれました。

長屋を訪れる人達の為に、イマジンスペースを置いておこうと思います。
どんなイマジンが起こるのかを楽しみにしながら。。。




外か内か分からなかった、庭にも柵ができました。

b0157571_11142790.jpg

裏の家とこちらの家を分ける境界線がありません。よいのかよくないのか。。。
やっぱり境は必要。
b0157571_11143739.jpg

タダ&カジ 柵。(←「作」にかけてみた。やまだく〜ん、座布団いちま〜い。でしょ。)
b0157571_11144922.jpg


庭へのガラス戸3枚入りました。

b0157571_11145928.jpg
b0157571_1115914.jpg

!?サトミハッケン伝を思い出すのはわたしだけでしょうか。。。
今回も、タダさんの領域盛り沢山でした。
b0157571_11152342.jpg

窓枠に入らない入らない〜な〜ぜ???と窓扉を並べてみると。。。
同じ扉のはずが。。。何故か2cm以上扉の長さが違う〜。汗。
またもやでた〜長屋の七不思議
b0157571_11153120.jpg
削る
b0157571_11153929.jpg
はいった!
b0157571_11154758.jpg
おしくも、最後の4枚目には届かず、
来年の楽しみとして残しておくことに。。。



では、
みなさん良いお年を
そして、来年も気長におつきあいしていただければと思います
感謝を込めて
ura/aki
[PR]
by iftift | 2008-12-30 11:09 | 改装の記録・renovation

ファンタスティックチーム!?

今日は朝から4人、昼からもう1人、午後にもう1人、夕方からもう1人。最終的に7人で作業しました。毎度ありがとうございます親方KぅGさん、大学院で参加型アートを研究している日田さん、フォトグラファーの竜也くん、出版/企画のタダさん(本日も“タダさんの領域”をことごとくやって頂けました)、作家のカジさん、ura/akiとmamoru。

こんなにも多種多様なメンバーがファンタスティックに外壁の下地塗り、1F壁つけ、庭の柵の下準備など。なんだか一気にすすみました。作っていく作業になってからやはりマンパワーがあるとあれこれ進むのでみるみる雰囲気が変わっていきます。

さて、なにがファンタスティックかというと、レギュラーのトミーくんが持ってきてくれたキャップにfantastic4というロゴが書いてて、それを塗り系の作業時に汚れない様に皆でかぶるのですが、引っ越し屋さながらの様相! 


親方KぅGさんから研修中
b0157571_15384584.jpg
塗装業者?!ファンタスティック4全員集合
b0157571_15385425.jpg

b0157571_1545304.jpg

作業が終わったのに、まだfantastic4をかぶっている3人。けっこう気にいってる?
b0157571_1539912.jpg

[PR]
by iftift | 2008-12-21 15:46 | 改装の記録・renovation

かべぇ〜!

先週末は土曜、日曜と作業していろいろやりました。

日曜はKぅGさんと二人で作業。
作業の合間の会話より。。。

“そう言えばこの長屋の改装する日って雨降らないですよね〜”
“そう言えばそうかも。夕立が一回くらいあっただけかな”

そうなんです。資材の運び込みとか、ごみの運び出しとか、
雨が降ったらかなり嫌な作業のときはもちろん、ほとんど外と中の区別のない時期も多かった(現在も!?)から結構雨が降ったら作業自体が滞ったかもしれないのですが、
なぜか降らない。なんとなく前から思っていたのですが、特におちもないままに書いてみました。

さて一階の床に続いて、この土日で一階の片側の壁が形になってきました!
b0157571_20272972.jpg


石膏ボードというやつです。今週末の作業では逆側とか天井付近をやるのかな。
そういえば土曜日は強力な助っ人も来訪で、なんと身長190cmのタダさん。
脚立がいりそうなポイントもふつーに届いてしまいます。
この日はそういうポイントが作業後半に連続、その度に大活躍、
そういうわけで1日にして「タダさんの領域」という名詞を生み出してしまいました!
こんどもまた来てくれるとのこと。頼もしい限り。
b0157571_15474068.jpg


日曜の夜に、友達が長屋を見たいと言ってきたので作業が終わってから待ち合わせて、見てもらいました。彼女が想像していた状況とずいぶん違ったみたいだけど、長屋に愛がつまっている、と感じてくれたみたいで嬉しかった。彼女が連れてきた友達も感心しつつ、同感のようでした。

見て見たい方、手伝いたい方いつでもご連絡下さい!
[PR]
by iftift | 2008-12-16 20:39 | 改装の記録・renovation

小石という名の宝石

床が半分以上はいった。
いっきに部屋の印象が変わる。
完成までは、まだまだだけど、
少し完成図がふんわりとよぎる。うれしくなる。

b0157571_2321390.jpg


時折、ベランダを降ろした時(以前ブログで紹介)の事を思い出す。
とても感動したのは、何故だったんだろう?って
考える。

二人共いつ怪我してもおかしくない状態で、
お互いを助け合ってる姿に
感動したのかもしれない。





b0157571_232181.jpg



物質的な利益はない。
時間やお金の犠牲をはらって、
彼らにどんな益があるのだろう。。。
私達にどんな益があるのだろう。。。








b0157571_2322611.jpg


NYのテロの事を思い出す。
ヒーロと呼ばれた消防者達、
テロのヒーロ達だけでなく、
知らない友の命の為に
自分の命を捨てれた人達を
思い出す。






b0157571_232375.jpg


美しさは、以外な所にも存在する。
あらゆる所にあるのかもしれない。
去年バリ島を訪れた時、そう思った。

町の衛生面は非常に悪いし、
貧しく、お金をだまし取る者いる。





b0157571_2325041.jpg

だけど、村に生活する人達の姿を見た時、
人の美しさを見た。
お互いを助け合って、生活していた。
人間の豊さがあった。
きっと、彼らには私が見た美しさは見えない。
彼らにとって、それは普通の事で日常の事だから。
そう思った時に、私の周りで見えていない美しさがある事を知った。







b0157571_233197.jpg


長屋の隣近所のおばさん達が、
長屋の前を通っては、
私達に声をかけて覗いてくれる。
「どう、進んでる?」「大変やね〜」
「ようーやてるわーすごいね〜」
「がんばってね」って。
この間は、
見ず知らずの私を玄関まで入れてくれて、
「100歳近いおばあちゃんがいるの。」
と言っておばあちゃんが作った、
小さな紙の傘や貼り絵、
ネズミの置物など見せてくれた。




b0157571_2331015.jpg



小さい石が、水面に落ちるように
波紋が落ちた所から、広がっていく。
誰かに触れる為に。
自分に触れる為に。
また、来週も小さい石を落としに
長屋に行く。




b0157571_2331810.jpg
[PR]
by iftift | 2008-12-06 23:41 | 改装の記録・renovation

やれやれ

念願のベランダを降ろす作業が無事終わりました。
みんな怪我なくてよかったです。ホッ。

何故、ベランダを降ろすはめになったかというと、
一階部屋の天井を開けてみると、
屋根を支えてるだろう主役的存在の柱が折れていました。
その上には、何がー?いる??と、庭から一階の屋根を見上げると、
かなり大きなブロックとその上にベランダがぁ〜〜〜。
おまけに、ベランダが木でできている。。。重そう。。。
日々、少しづつ下がってきているような。。。(全員不安)
と、いう事で、ベランダを撤去。

b0157571_14134271.jpg
b0157571_14135757.jpg
b0157571_14141249.jpg
b0157571_14151143.jpg
b0157571_14152725.jpg
b0157571_1415448.jpg
b0157571_14155886.jpg
b0157571_14161157.jpg
b0157571_14162436.jpg
b0157571_14164358.jpg
b0157571_14165781.jpg


もっとナイスショットがありましたが
私だけの宝ものとして心にしまっておきたいと思います。じーん。
(けち?)
じ つ わ ハラハラしすぎて撮り忘れてました。
(うまいいいわけ?)
いえいえ本当です、宝ものです。
[PR]
by iftift | 2008-11-10 22:45 | 改装の記録・renovation

じゃじゃじゃ〜ん

今日は、2週ぶりの長屋。

とりあえず材料購入にコーナンいくか と、KうGさん
いこういこう!! と、ura aki(←コーナン好き)
と、車で出たものの、数分後、
二人共コーナンの場所を正確に覚えてない事発覚!
・・・(汗)
なんでコーナンいこうっていったんや... と 、KうGさん
え〜だって行きたかったから と、ura aki
・・・・・・ し〜ん

案の上、迷い迷って、ちょっとドライブ。
コーナン無事着。
買うもの買って、無事帰宅。


そして、少し変化しました。。。
じゃじゃじゃ〜ん、ura aki初登場〜!!。
って、そうではなく、
床改装が少しすすみました。
ね。

b0157571_22325877.jpg
b0157571_22331031.jpg


そうそう、友人が本を出版し、その本の挿絵をしました。
詳細はこちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/tadaarco/57014401.html
[PR]
by iftift | 2008-10-25 22:39 | 改装の記録・renovation

奇麗になったと思ったのも、、、つかの間

最近の中津の話題は、
庭とトイレ。
といっても、ここ一週間ほどの話題ですが。。。

庭の事はあまり知識も見識もないのですが、
庭の写真をメインに創られた本で、
とても感動した写真集があります。
”derek jarman's garden/with photographas by howard sooley"
NYから帰国して、初めて個展をした場所にあったのを
パラパラとめくり、釘つけになり、魅了されたのを覚えています。
生のエネルギーと静かにゆっくり動く死が共にあリ、美しい、そんな印象でした。
derek jarmanはエイズになり死の間際までこの庭を創っていたようです。
原子力発電所のすぐそばにある荒涼とした海辺の漁師小屋を購入し、
そこに庭をつくります。

植物もろくに育たない、
誰も住まない、
完全なる静けさを帯びた荒れ地で、
朱色のポピーや白のカノコソウや緑の海キャベツ、
シャゼンムラサキなどの花々
の色が悲しい程に美しい。
b0157571_1524666.jpg


ちなみに、gardenとはヘブライ語でgar(gan)=囲まれた
+eden=楽園/楽しみ/よろこび
という意から来ています。

さてさて、この長屋の小さな庭もどうなるでしょうか。。。
庭は、時間をかけて作っていってもいいかなぁと思っている次第です。

とりあえず、本日オープントイレになりました。
b0157571_15254744.jpg
b0157571_15242240.jpg
b0157571_15243145.jpg

b0157571_15244821.jpg

[PR]
by iftift | 2008-10-06 15:28 | 改装の記録・renovation

庭から朝鮮人参???

b0157571_2013511.jpg
長屋近くのギャラリーPANTALOONにて、
太田氏の作品を見ました。
アルミのシルバーのコップに氷が入れられ、
表面にできる水滴が少しづつ透明の管を通って、
下にあるガラスのビーカーに集められる。その水は、ガラスのコップ達を通って、
一点のガラスのコップに一滴一滴水がたまっていく。その水は冷凍庫へはいって、またもや氷。と、循環的な感じとシルバーと透明という繊細な色合いがとても印象的な作品でした。http://www.pantaloon.org/exhi_ohta.html

長屋の方は、庭のコンクリートを剥がしました。
おまけに、床下より庭の方が高いので、
このままでは雨が床下に流れてきます。
土を新しく入れる為にも、
土を運び床下と同じ高さにしました。
えっさほいさと運ぶ運ぶ。
軽トラ分くらいは運んだでしょう。
b0157571_20132824.jpg
b0157571_20134327.jpg
b0157571_20135250.jpg


白骨死体とかでてきたらどうしよう。。。とか言うなか、
むむむ!!!白いものが。。。ま、まさか?!
引っ張ってみると、ズズズズズズーっと
1m近いエイリアンのしっぽのような根がぁ〜。
かなり気持ち悪いです。
朝鮮人参だったらよかったのに。。。
b0157571_2014873.jpg

[PR]
by iftift | 2008-09-29 20:16 | 改装の記録・renovation

さてさて

ift メンバーのmamoruくんが、
アーティストレジデンスの為
カナダに出発しました。
こちらが、カナダからのレターです。
http://blog.livedoor.jp/soundartist77/
タイトルが「さむっ」から始まってるのが
ゆかいでしたが、さらにアーティストとして
力を蓄えて帰ってくるでしょう。
6週間後に帰ってくるらしい。

先日のKうGさんの見解では、
長屋は11月末はかかるだろうという感じ。
きっと、最もよい時に出来あがるに違いない。

今回、ようやく、床下の木組ができた!。。。と思う。
高さの基準を出すのに、一苦労。
mamoruくんと「あーだ、こーだー」といいながら、
何度もやり直し。
ようやく、できそうな。。。
b0157571_22263274.jpg


床下の木組みは、丸太で出来ていた。
その廃材の一部を捨てた。
なにかに、使えそうなんだけど。。。
誰かに使用される事を祈る。
b0157571_22261662.jpg
b0157571_22264526.jpg


大変な改装中にも、ユーモアを忘れないKうGさんと、
疲れてくると改装で頭が一杯になっている余裕の無い私。
本日、マザーテレサの映画を見ながら、
ユーモアは必要だと思う今日。
改装中にユーモアを身につけるを目標にがんばりたいと思います(笑)。

で、今週末は、
柱を一本真っすぐにして(すでに3本は真っすぐに)、
庭を覆っているコンクリートを剥がし、
屋根の瓦を降ろし、ベランダを降ろす。
[PR]
by iftift | 2008-09-25 22:29 | 改装の記録・renovation