文章も追加→LiftING vol.2 画像でレポート

(LiftING party 1/15 report from 店主aki)

LiftING party vol.2 "落語 presenter 多田耕二さん"でした。
落語は、数年前から精神的にも良い働きをするとかで、ブームですが、
私の高校の友人からも、「落語、いいでぇ〜!」という噂を聞いていたもの、
なかなか聞けずじまいでした。が、
今回、その評判に納得!
多田さんが、今回紹介してくれたのは、立川志の輔さんの落語。
ファンになりそうです。よかったです。
大阪弁で言うと「めっちゃーおもしろかったー」です。
よく笑いました。
笑いだけでなく、内容もいいのです。
言葉だけで、世界に引き込む、そのチカラ、話術にも驚きです。
話口調で、一瞬にして場面が変化しているのが、分かります。
多田さんが選んでくれた立川志の輔さんの落語が、
入りやすかったのかもしれませんが、
落語って、伝統芸能でありながら、
とても入りやすく深みがあるんだなと思いました。
想像力を豊かにしてくれるのを、実体験しました。

落語の紹介後、来てくれた人達と、
それを通じて様々な意見やコメントがでてきて、
自然と話に花が咲いていたようです。
これも、落語のチカラかもしれません。

友人から聞いた話では、
思い描く=想像力によって、
人格や人生に大きく影響を与える事ができるようです。
落語は、そういう点でも、影響を与えてくれるかもしれませんね。

多田さんの落語リストには、まだまだネタがあるようなので、
ぜひ、また、やってもらおうと思っています。
次回、あいましょー。
aki/ura (2月のlifting は、大学の方が多忙な為お休みさせて頂きます。)

☆多田です☆
楽しかったですね。落語って映画や小説、あるいはそれ以上にもっと一般に浸透していいのにと思います。今回の大成功をうけて、今後も「家族」「恋愛」「SF」「大岡裁き」などいろんなテーマで落語のリフティングを続けられればいいなと思います。

b0157571_23255648.jpg


多田さんによるご挨拶風景。扇子と座布団でちょっと高座風。

☆参加者からの感想☆
落語には以前から興味をもっていたのですが、上方落語、江戸落語から
はじまり、古典、創作とわたしにはさっぱり理解ができずにいました。
今回大阪にいながら、江戸落語をまず体感することになりました。
1話目は耳で聴いた『みどりの窓口』自分の知ってるみどりの窓口がいっぱい
頭のなかにでてきました。2話目からの映像では話はもちろん、今度は所作も
とても想像力豊かにしてくれる動きで、
時間が、あっという間に過ぎていました。
こんなに落語がおもしろいとはいままで知らなかった。
また、選んでいただいたものが初心者にも楽しめる内容だったことと、
もっと知りたいなといういいところで今回は終了だったので、もっと聴きたい気持ち
が深まったのかもしれません。第二回開催を楽しみにしてます。(kujira san)
[PR]
by iftift | 2010-01-16 23:27 | イベント・gathering


<< 防寒対策進む。の巻 あけましておめでとうございま... >>