LiftING party 12/18 report from 店主aki/ura

18日は、ひじょーーに寒の中、iftのLiftING party vol.1"Arvo Part編 presenter mamoru"にお越し下さり、ありがとうございました!
この数日で外も一気に寒むくなって、長家も隙間だらけで、暖房をしてもかなり寒く、寒い記憶と一緒に第一回目のLiftING party が、みなさんの中に残ったかもしれません。

今回は、Arov PartのALINA音を流しながら、mamoruさん(←書くのに、いつも”くん””さん”と迷うのですが、今回は”さん”で)が、Arov Partの音にどのように出会ったのかから始まり、どんな所に感動し、どんな風に好きで良いと思っているのか、などを交えながら、Arov Partの楽譜やドキュメンタリーDVDをみせてくれたりして、紹介してくれました。

mamoruさんが、Jazz ピアニストを目指して、NYまで渡米し、さんざん努力したにもかかわらず、身体の不調の為に、それを断念しなければならなかった。これから、何をやっていいかわからない、そんな時に、なにげなく行ったライブコンサートで演奏された曲のひとつがArov Partの曲だった。彼のシンプルな「ドミソ、ドミソ」程度のSPIEGEL SPIEGELという曲が会場に、響き始めた時、『なんだー!!これわー?!!』と身を乗り出す事を止めれない程に、感動したと、音の出会いを紹介してくれました。その話を聞きながら、一瞬、私もその会場にいて、同じ様に身を乗り出して感動し、その緊張感を味わったようなそんな気持になりました。
個人的には、「曲がったネズミと曲がった猫が曲がった家にすんだとさ。。。」と言ったArvo Partさんかわいいなぁ〜と思ったり、人格を持った音のように一音一音を愛しているんだなぁと、Arov Partと音の繋がりみたいなものが、紹介を通して少し垣間みれたような感じがしました。

mamoruさんを通して知るArvo Partは、みなさんにとって、どうだったでしょうか?また、よければ感想など聞けるとよいなと思います。

ある方は、mamoruさんというドアから見るので、とても興味がもてておもしろかった。どんな風にArvo Partさんを好きかが見れたり、文献とかで知るのは難しかったりするけど、人を通して話して貰えると分かりやすくておもしろい、とてもよかったです、や、Arvo Partさんって結構話すんだね、など、より近くにArvo Partさんの良さを感じ取ってもらえたようです。

☆mamoruです☆
僕も好きな作曲家を紹介できて楽しかったです。改めて調べ直したりすることでより興味をもちました。そして話の中で出てた、BjorkがPartにインタビューする映像がこちらです。


次回LiftING partyは、1月15日金曜日予定です。
詳細は、後日アップしまーす。
from 店主aki
b0157571_0311286.jpg

[PR]
by iftift | 2009-12-21 00:26 | イベント・gathering


<< メリークリスマス。なレポート。 地図!とプチ改装報告 >>