イベントレポート2009.10.23-24 Jeanne+mamoru workshop and event

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
イベントレポート2009.10.23-24 Jeanne+mamoru workshop and event
( report from mamoru)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(For English, please readers scroll down)

先日iftにて行ったワークショップの模様をレポートします。
今回のプレゼンテーター/アーティストのJeanne Landry-Belleu(以下ジャン)さんのリサーチテーマはWeb、そして特に「アイコン」。ワークショップではアイコンの持つ意味、可能性を紹介してもらい、さらに皆で新しいアイコンを作りしました

初日は19時スタートということもありすこしばかりですが食べ物と飲み物を用意させてもらいました。近所のお寿司屋さんの太巻きなかなかおいしかったです。ちなみに2日目は15時スタートということでおやつが用意されました。ジャンが作ってくれた抹茶ティラミス。手に入る食材で作ったのですが、なかなかの味でした。

話しを聞いて思ったのは、こんな世界観だ。“もし身の回りのイメージが現実世界(人間性、世界の様相)を反映しているのなら、イメージを読み解く事で世界が見えてくる。また逆に、新しいイメージを作り出す時にそれは現実世界に投げかけられ、新しい世界のあり方を作り出していく。”彼女が特に関心を持っているインターネットが生み出しているカルチャー、そしてその中で日々増殖し、中には言語化されていく「アイコン」。ワークショップでは参加者それぞれが選んだ「言葉/意味」をもとに新しいアイコンを作りました。年内にジャンがそれらをネット上に公開し、フリーダウンロード可能にするそうです。いったいこれらのアイコンはネット上に何かを作り出すのでしょうか?楽しみです。またアップされたらお知らせします。

ちなみに、ワークショップを進める上で大事な部分ではあったのですが、テーマの説明/翻訳が難しかったです。通訳として伝えきれなかったという反省があったので、いまさらですが私が理解した範囲ですが、彼女の考え方をまとめて書いてみましたので、ワークショップに参加したけどいまいちポイントが掴めなかった、参加していないけど興味のある方、少しでも参考になればと思います。mixi をされてる方は、こちらから http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=47522070&comm_id=4518275)。又、ブログでもアップしたいと思います。

皆でアイコンを作っている時に、mamoruによる etude no.12 ノリの佃煮を皆で食べるヴァリエーションも進行。画像の様な感じでノリの佃煮と他数種類の調味料などをえびせんに塗って皆でたべるのです。なかなか好評。空っぽになったノリの佃煮の瓶からetude no.12が出来上がる過程を見せるパフォーマンスの後、皆さんに音を聴いて頂き終了。

参加者:二日間で合計13人の方々が参加して下さいました。お越し下さった皆さん本当にありがとうございます。
参加費:2千円(飲み物、食べ物つき)
簡単に会計報告:おおまかには売り上げの30%をiftの運営資金に、10%を経費(飲み物、食べ物等)、それぞれ30%をアーティスト両名に。経費の不足分が少しありましたがift、アーティスト分から出し合いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
English
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
On 2009.10.23-24 @ ift presented a workshop with two artist; Jeann Landry-Belleu and Mamoru Okuno.

Jeanne works on the issues related to Web culture and especially the icons. She introduced her ideas about the Web and her current research that is to create new icons, and at the end all of the participants tried to make their own icons.

Sound artist Mamoru introduced one of his “etude for everyday objects and practices”The “etude no.12 variation for eating Nori paste together” involves people eating Nori paste on a Japanese cracker with other seasoning as snack. During the workshop, Mamoru made these snacks for participants to enjoy eating. At the end, he showed the process of empty glass bottle of Nori paste becoming “etude no.12”, a sound object. People passed the object that was put on a small light box one by one to listen to the sound.

There were 13 participants and each payed 2000yen as a fee.
30% goes to ift (mainly to pay rent and other running cost)
30% x 2 goes to two artist
10% goes to pay expenses (food and drink)
note: The expenses went over 10% of the sales, so ift and artist split the cost.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0157571_21173473.jpg
b0157571_21174840.jpg

Jeanneさんによるアイコン説明
b0157571_2118623.jpg

15世紀のイタリア人美学者チェザレ・リパ(http://en.wikipedia.org/wiki/Cesare_Ripa)の著作に端を発する「イコノロジー(図象学)」より
b0157571_21181663.jpg
レッツ スタート アイコン作成!
b0157571_21182876.jpg
お題「人間/自分にとって価値ある/大切な事わ?」から出て来た、さまざまなアイコン。
b0157571_21184826.jpg
それぞれのアイコンから受ける意味や言葉を話合う。
b0157571_21312145.jpg
佃煮入りたこせん。
b0157571_21191475.jpg
Jeanneさんのお手製抹茶ティラミス
b0157571_21192261.jpg
etude no.12より
b0157571_21193066.jpg

[PR]
by iftift | 2009-10-29 21:19 | イベント・gathering


<< ごぶさたです。 改装ブログからイベントブログへ >>