色々とはげまされます

土曜日、勢いあまって、2階の窓を開けた瞬間、
ガーーーッシャーーン☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
が〜〜〜ン(TT)
そうです、やってしまいました。
ガラスを割ってしまいました。。。
かなりショック。(↓↓↓)
割れたガラスの残りを、テープで繋ごうとしたら、修復不可能、おまけに、
ガラスで指を切って、更におちこむ。少し切っただけですけどね。
念願の窓枠窓ガラスで、
一時は、私が作るしかないかぁ〜と、作った事のない窓枠のミニ版サンプルを作ったら、
やっぱり、非常に難しそう&一人で出来ない事発覚。できるんかなぁ〜。。。と不安。
そんな中での、inoさん登場。ほんとうに、窓枠作ってもらっていいですか???の窓枠で、
それもいいもの作って貰ったのに〜〜。

修復不可能なので、ガックリあきらめ、、、ガラスそうじ。
ついでに、他のガラスの割れた分も、まとめ、ゴミそうじ。

inoさんに、ガラス割ってしまいました〜と、すいませんの報告したら、
又、時間ができた時にでもやってくれるとの事。
よ  よかった〜〜〜(↑↑↑)ありがとうございます!(涙)

日曜日は、画材道具を運び込み、
月曜日、土曜日にまとめたゴミを出す為、朝9時着。
長家への通り道に引っ越してきた友人が、すでに起きて作業中。
はやー!
窓が開いてたので、「おはよー」と声をかけたら、
顔を出してくれて、「おはよー」。
彼女は、とてもオシャレでしっかりした縫製の帽子やインテリアを作っている。
がんばってるので、励まされた。

昨日行った、うどん屋さんの話もよかった。
うどん屋の名前は”一忠”。
八尾にある。
それも、八尾の中でも分かりにくいへんぴな場所にある。
産まれてずっと八尾の私ですら、ココどこ??という感じ。
そこに、友達が連れていってくれた。
こんな場所なのに、うどん屋には、人が並んでいる。
朝10時から3時までしか開いてなく、うどんが切れたら、それで閉めてしまう。
メニューは、釜揚げうどんのみ。夏場はそれにざるうどんがあるだけ。きつねやらカレーなどない。
入れ放題の、ネギ、天かす、ごま、かぼす、七味と、食べ放題の、鰹煮と佃煮昆布が、
テーブルに置いてある。
へんぴな場所に、釜揚げうどんのみ???
しかし、トッピング系は入れ放題と食べ放題。
時間も時間で、なんだかその潔さがとても気に入ってしまった。
そして、おいしい。こしがある。何故だか、今日も食べたくなった。シンプルな味だからか???
鰹だしが効いたうどんつけ汁は、陶器の壷に入ってくる。
うどんの器も、つけ汁用器も陶器。
でも、店の雰囲気は、誰でも入れる大衆派。

店の閉まった3時以降は、明日の為にうどんを打ってるんやろうか???と気になり、
常連客の友達が、おかみさんに聞いてくれた。
「店が閉まったら、そうじして、お風呂に入ったりで、
8時頃に寝て、普段は4時か5時に起きて、
土日祝前だったら、2時に起きて、うどんを踏んでる。
何がおもしろいんかな〜?って思う事もあるで」と
気さくに笑いながら話してくれた。
ええ〜〜〜!!!!2時ーー!!こちらは、床に入る時間ですけど。。。と思いながら、
毎日、藁に包まれたうどん生地を、世が明ける前から踏んでる所を想像すると、
すごいかっこいいなぁー!!!と思った。
そんな仕事をしてるとは、思わせない旦那さんの顔が又いい。

そこで、働いた人達が、そこで学んで、のれんわけし、
大阪に数件、北海道、四国にあるが、
その人達独自の店の展開をしている。
のれんわけしたからといって、”一忠”のやり方だけを押し付けない所が、
また、いい。
旦那さんと奥さんの名前からとって”一忠”。
まるでうどん屋の回し者か?というブログになってしまったが、
創業36年、へんぴな場所にこれほど人を呼ぶ事ができる、
釜揚げうどんのみのうどん屋”一忠”、その魅力、
いや〜、ほんとカッコいいなと思って、ついついうどん屋ブログになってしまいました。

でも、どこかiftに通ずる部分がある感じがする。。。


b0157571_22594018.jpg

和紙に引いたドーサ(にじみ止め)が乾くのを待つ合間に、
ガラスの壁の木にオイルステンを塗っている。
まだ、まだ、ちょこちょこやる事はあるのです。
b0157571_22595260.jpg

ほらほら、オイルステンが塗れて、いいかんじ。
でも、反対側は、オイルステンがなくなったので、
また、次回へ。
[PR]
by iftift | 2009-10-05 23:10 | 雑感/ura/aki


<< 改装ブログからイベントブログへ 残り15% その2 >>