助っ人来る。

本日は強力な助っ人が来てくれました。前々から興味を持ってくれていた、彫刻家でもあり、アンティークの修復や、内装などもお仕事でされているinoさんです。やはりプロが1人入ると作業の進み具合が違います。そして脚立いらずのジャイアント・タダさん。

前回の作業もアニメーターのイトウさんが来てくれて、二人で仕上げパテ塗り、ペンキ一度目塗りを終わらせていたので、今日は二度目の塗りを壁面その他をささっと塗り上げて、縁側の方に床下に直接ネコなんかが出入りできるスキマがあったんですが、それを廃材を利用して塞ぎました。

というかはじめは“すだれ”でカバーという案だったんですが、それを聞いたinoさんが「こっちの廃材でやりますか?」という事で、しばらくぶりに丸ノコなどもとりだしてきて、インパクトドライバーなども久々に登場し、だだだーーっと
b0157571_0103928.jpg


どうですか!この塞がれよう。これで気軽に出入りしていた、と思われる(足跡などが長屋のあちこちで目撃されています)ネコノラ達もちょっと遠慮してくれるかな!?
b0157571_0111791.jpg


そして長い事手を付けかねていた、天井付近の石膏ボードはりつけも終わらせよう!となり、3人フル稼働でやりました。平行でなかったりと、きっちりするのはどだい無理なポイントだったのですが、前に枠組みだけはやっていたこともあって、パッチワーク式になんとかボードを切り貼り、ビス止めして、張り終える事が出来ました。これで一階の主な作業は終了!なかなかのチームワークでした!
b0157571_013146.jpg

b0157571_0132920.jpg


そして、そして同時並行作業で、一階の縁側の扉が一枚ガラスが割れて、ビニールで養生していたのですがそこにあまっている薄ベニアを貼付けました、隙間はありますが、ビニールよりはましかな。。。
b0157571_014629.jpg
b0157571_0141878.jpg


現在工事監督を引き継いだ私mamoruがパフォーマンス続きとなるため、これでしばらくはまたお休みになります。一階をほとんどやり終えれたのでほっとしていますが、細かくはまだ作業が残っています。makoto社長繋がりの方達も改装を手伝ってもらえるかも、ということなのでそこにも期待しつつ。

そう言えば、今日帰りに浴衣姿の人達を見ました。ちょうど去年の天神祭の本宮の日に改装はスタートしたので、ほんとに一年経ってしまいそうです。

今日もご近所のおじさんが「おーもう一年かぁ?よー頑張っとるなー。きれいになってるやないか」と声をかけてくれました。そうなんですご迷惑おかけしています。ブログを見て下さっている皆さん、応援して下さっている皆さんにも早くお披露目したいな、と切に思っています。
[PR]
by iftift | 2009-07-08 00:25 | 改装の記録・renovation


<< 今回は? やっぱり好きだな。 >>